美人画づくしSpecial page

「美人画づくし展」

横浜髙島屋 
・・・
※終了致しました※ 
 
2020年
1月29日(水)~2月4日(火)
 横浜髙島屋 7階
美術画廊
 
 
港町・横浜の地に
「美人画づくし」「美人画づくし 弐」
掲載作家の美人画が揃い踏み!
 
 
出品作家

 
中堀 慎治
大竹 彩奈
池永康晟
佛淵 静子
佛淵静子画像
早川 実希
早川実希画像
岡本 東子
永田 優美
新家 未来
坂根 輝美
坂根輝美画像
三谷 拓也
三谷拓也画像
顧 洛水
顧洛水画像
長尾 美輝
長尾美輝画像
山科 理絵
イヂチアキコ
佐久間 友香
平田 望
平田望作品画像
島田 沙菜美
島田沙菜美作品画像
平良志季
黒木 美都子
黒木美都子作品画像
宮﨑 優
宮﨑優画像
山本 真澄
山本真澄画像
  阿部 清子
阿部清子画像
 寒河江 智果
寒河江智果画像
  丁子 紅子
丁子紅子画像
 
※掲載作品画像は参考作品になります。
 
 

『美人画づくし』
『美人画づくし 弐』

発行/芸術新聞社 監修/池永康晟
本体価格 2,800円(税抜)
美人画づくし
 
 
美人画の逆襲が始まった――
異才の日本画家18人が描く
綺羅星のごとき
”現代美人画”が揃い踏み!
 
 
美人画づくし弐
 
 
「しかし美人画風疹は
未だ緒であり混沌である。」
美人画ブームの火付け役・
池永康晟が先導する
美人画アンソロジー第2弾!
 
 
 
 
 
美人画の逆襲が始まった――
異才の日本画家18人が描く
綺羅星のごとき
”現代美人画”が揃い踏み!
 
 
 
 
「しかし美人画風疹は
未だ緒であり混沌である。」
美人画ブームの火付け役・
池永康晟が先導する
美人画アンソロジー第2弾!
 
 
 

監修者/池永康晟

池永康晟ポートレート

いけなが・やすなり
 
日本画家。1965年大分県生まれ。
大分芸術緑丘高等学校油絵科卒業。
独学で日本画を学ぶ。
30代は独自の絵肌を創り出すことに没頭し、40代より本格的に制作活動を始める。
麻布に岩絵具を用いて描く「美人画」は、唯一無二の質感と色調を持ち、清楚さと官能という相反するものを孕む。アートフェア東京、ART TAIPEIなどに出品。第8回菅楯彦大賞展百花堂賞。
また、国内外での本の装丁や文房具に作品イメージを採用されることも多い。さらにAKB48横山由依のファースト写真集に作品を描き下ろすなど異色の展開を見せている。
2014年刊行の初画集『君想ふ百夜の幸福』(芸術新聞社)は6刷を数える。
 


《監修者コメント》

人間が人間を描くと言う、
あたりまえの振る舞いを、私たちはようやく取り戻しつつある。
現代美人画の復興の本流を目撃されたし。
 

池永康晟

作品・作家問合せ:ギャラリーアートもりもと
協力:芸術新聞社